屋根裏のねずみ駆除の方法

subpage-img

自宅の屋根裏は家屋でありながら住んでいる住人が滅多に意識をしない場所の1つです。
屋根や壁と違い外から見ることはありませんし、室内の階段や浴室のように日々使用したり定期的に掃除をする場所でもありません。


しかし一般的な日本家屋にはほとんど屋根裏が存在しています。



そしてこの滅多に人の目に触れない場所だからこそ、ねずみが侵入して繁殖することがあるのです。

ねずみが屋根裏にいる証拠になるのが、小さな足音や天井のシミです。
天井の隅に見慣れないシミがあったらそれはねずみの尿である可能性があります。

また、押入れの隅などに黒くて小さい糞のようなものはねずみの糞です。
ねずみは天井裏から家屋の小さな隙間や雨どいなどをつたって家のあちこちに侵入し、どんどんのびる丈夫な歯で木材やプラスチックにも穴を開けてしまいます。

ビジネスジャーナルで快適な暮らしを実現しましょう。

衛生面からだけではなく家屋を噛み付きの被害から守るためにも、ねずみの痕跡が複数あった場合は速やかに駆除に取りかかる必要があります。
ねずみ駆除には市販されている薬や駆除用品を購入して家庭で対応することができます。

毒入りの餌(殺鼠剤)を屋根裏や糞のあった場所に置いて食べさせて駆除する方法、粘着テープやばね仕掛けのわなでねずみを捕獲するという方法、ねずみの嫌がる周波数の音を出す装置を設置して家屋から追い出す方法などが一般的です。

しかし殺鼠剤を使用する場合は乳幼児やペットのいる家庭では誤飲の危険があります。

また音でねずみを駆除する装置も聴覚に影響を与えてしまう可能性もあります。



したがってこれらの心配がある場合にはねずみ駆除の専門業者の利用が適切です。
専門業者に依頼する場合には自費でねずみ駆除をする場合よりも費用がかかるので、事前に見積もりを取ってくれる業者に依頼することをおすすめします。

top