屋根裏でガタガタ、うるさいねずみ駆除するためには

subpage-img

屋根裏で、バタバタ、ガタガタとうるさいねずみ。

壁や柱をかじる音や、すきまから糞まで落ちてきて本当に不快です。
ねずみの糞には多くの病原菌やダニがたくさん、不衛生極まりないですし、屋根裏の電気コードなどをかじられて、火事にでもなったら大変なことになってしまいます。


数が増える前に、ねずみ駆除をおこないましょう。



屋根裏にひそむねずみは、ほとんどが警戒心が強く臆病なクマネズミです。

高いところにのぼるのが得意で、乾燥した場所を好み、イエダニが多く寄生していることも特徴で、食中毒菌も多くもっています。


クマネズミは夜行性で、知能が高く、学習能力が高いため、粘着式のねずみ取りにも、なかなか引っかかりません。
活動時間はほとんど食べ続けているねずみには、食物をあたえない兵糧責めが最も有効なのです。
食品は蓋がある容器にしまい、ペットフードや生け花などの植物もねずみのエサになってしまうので忌避剤などを置いて、食べられないように対策しましょう。そして、住みかとなる場所をつくられないように、衣類やティッシュペーパーなどの紙、ビニールなどもねずみが盗まれないような場所に片付けましょう。
そして、屋根裏からねずみが侵入してくる出入り口を見つけて、金網などでふさいでしまうことです。

家の屋根裏に登れる場合には、ねずみの糞などから侵入口を調べ、ねずみは端を歩くことを好むので天井裏の隅に粘着式のわなを仕掛けてみましょう。


ねずみは警戒心が強いので、わなを仕掛けたら、ねずみがかかった気配があるまで、わなを確認しないことです。

わなを仕掛けても効果がない場合は、わなの場所を変える、または侵入口を再確認してみましょう。

@niftyニュースに関するサポートサイトはここです。

ねずみ駆除は、ねずみの居心地が悪い環境をつくることが重要です。
家が木造で隙間が多く大きな家の場合には、ねずみの侵入を防ぐことが難しいのです。



そのようなときは、ねずみ駆除の業者に依頼することも、選択のひとつです。


top